オンラインサロンの「サロン」の語源は、英語の【salon:大広間】

  • 2020年3月19日
  • s
  • 23view
s

サロンの語源は英語の【salon:大広間】

昨今、「オンラインサロン」という言葉をよく聞くようになりました。

「オンラインサロン」とは月額会費制のコミュニティの総称であり、ある分野で優れたスキルや経験を持つ個人やグループが主宰者となり運営する。

さて、そんな「オンラインサロン」ですが、「オンライン」はweb上を意味していることがすぐにわかりますが、「サロン」とはどんな意味でしょうか?

答えは、【salon:大広間】です。

salonの意味

  1. (高級服飾・美容などの)店
  2. (大邸宅の)客間、大広間

salonの語源

フランス語から18世期に入った

salonの英英辞書の解説

salon

a room in a very large house.where people can meet and talk.

LONGMAN

あとがき

 今回はオンラインサロンの「サロン」という言葉について調べました。「サロン」は「大広間」という意味であり、オンラインサロンは共通の目的等を持った人がweb上に集い、みんなでわいわいと話す場なんだと理解しました。

 今回の記事を書くに当たり、オンラインサロンについて少し調べました。私も知っているような有名な人が開設しているサロンが多々あり、改めて流行っていることを実感しました。

ただ、サロンの対象者は「●●な人」みたいなところに、やたらと「起業」というキーワードが多いと感じました。いわゆる「意識高い系」のフレーズが並んでいるような気がして、なんとなく関わりにくい雰囲気を感じました。

流行っているというか若干バブル気味というか…オンラインサロンが今後どうなっていくのか、要注目だと思いました。