メールフォルダの「アーカイブ」の語源は、英語の【archive:保管する】

  • 2019年10月24日
  • a
  • 27view
a

アーカイブの意味は【archive:保管する】

 メールの「受信トレイ」の下あたりに「アーカイブ」というフォルダがありますよね!活用していますか?

 アーカイブは「消すのは嫌だけど、既に読んだから受信フォルダに置いていてもしょうがない」というようなメールを保管するためにあります。

 今回は「アーカイブ」の意味について調べます。

 アーカイブは、英語の【archive:保管する】です。

archiveの意味

  1. 古記録、公文書
  2. 古記録保管所
  3. 保管する

archiveの関連単語

archival(形容詞):古文書の、古記録の、古記録保管所の

archiving(名詞):アーカイビング、保存

archivist(名詞):古文書保管係

あとがき

 私はアーカイブフォルダをフル活用しています。少し前に「アウトルック最速仕事術」という本を読み、実践できる部分は実践しています。受信フォルダに来たメールを読んだら、返信が必要なもの以外は全て「アーカイブ」フォルダに移動させています。そうすることにより、受信フォルダに残っているメールは返信が必要なメールのみになり、受信フォルダがtodoリストをように使うことができるようになります。

最後に、「アーカイブ」の意味を国語辞典で調べました。

  1. 公文書、古い記録。またはその保管場所。公文書館。アーカイブス。
  2. 大量の資料のコレクション。
  3. コンピューターで関連する複数のファイルをひとつにまとめて保管すること。また、その場所。