レモンサワーの「サワー」の語源は、英語の【sour:すっぱい】

  • 2020年1月4日
  • s
  • 31view
s

サワーの語源は英語の【sour:すっぱい】

レモンサワーの「サワー」の語源を知っていますか?

「サワー」は「炭酸」という意味ではありません。

「サワー」の語源は、英語の【sour:すっぱい】です。

sourの意味

  • すっぱい、酸味の
  • (牛乳などが)酸敗した、すっぱくなった
  • 不機嫌な、意地悪の
  • (土壌が)酸性の、不毛の

sourの複合語

sour cream:サワークリーム(酸味のあるクリーム)

sour grapes:(非難して)負け惜しみ

sourの関連単語

sourly(副詞):機嫌悪く、意地悪く

sourness(名詞):すっぱさ、酸味、不機嫌、意地悪さ

sourの英英辞書の解説

Something that is sour has a sharp,

unpleasant taste like the taste of a lemon.

コウビルド

「sour」とはレモンのように鋭くて不快な味である。

あとがき

居酒屋でお酒を飲むときは、なんだかんだでレモンサワーが安定して楽しめると最近感じます。

ビールは銘柄や発泡酒だったりしますし、焼酎や日本酒は悪酔するし…

我が家には「ソーダストリーム」というソーダマシンがあるので、家でサワーを作ることができます。

昔は家でもビールをよく飲んでいましたが、値段は高いし空き缶は邪魔だしという気持ちになり、今はもっぱらサワーです。

家で飲むレモンサワーも最高ですよ!

是非おすすめです!